ネットショップの始め方

■ ホーム  >> マーケティング >> 購入商品の探し方

購入商品の探し方

何かの商品を買おうかと思っている人がインターネットで商品を探す方法はいくつかあります。

主に考えられるのは以下の方法です。

  • 検索
  • ショッピングモール
  • ネットオークション
  • 価格比較サイト

他にも

  • メーカーのサイト
  • いつものネットショップ

主なものはこれくらいだと思います。
と言う事は、これらの方法で商品を探す人にあなたのネットショップをアピールすることが重要だと言う事ですね。

検索で商品を探す

yahooやgoogleなどの検索エンジンを使って、商品名などのキーワードで検索する方法です。

これらの検索エンジンを使って、何かを検索した場合、普通の人は上位に表示されたものの中で関係のありそうなものから順にチェックして行きます。

そしてほとんどの人は上位数十件程度しかチェックしませんし、先に必要なものを見つけることが出来れば、それ以降のものをチェックすることはありません。

ということは、そのキーワードの検索結果で上位に表示されれば、それだけ多くのアクセスがあなたのネットショップへ見込めると言う事になります。

逆に検索結果の数十件以降であれば、そのキーワードでのアクセスは絶望的に見込めないと言う事になります。

ですから、この検索結果は、売上に大きな影響があります

そしてこのyahooやgoogleの表示順位ですが、運任せではありません。

検索結果の上位に表示させるための方法があるのです。

方法は2つで、ひとつはSEOと言う方法です。
検索エンジン最適化といって、出来るだけ検索エンジンで上位に表示されやすくするための技術です。

SEOは専門に請け負う業者なども多数ありますが、ホームページを作るための多少の知識があれば、ある程度自分でもSEOを行う事が出来ます。

そしてもう一つの方法は、
検索結果のところに広告を表示する方法です。

お金さえ出せば、苦労しなくても簡単に上位表示と同じ効果が得られます。

グーグルの検索結果表示と広告

これは、googleで検索した結果ですが、一番上と、(一番下)、そして右側に広告が表示されています。

赤枠の点線のところが広告です。

広告ですので、もちろんお金が掛かります。
ですから、広告費を掛ける以上は、コストをまかなう以上に利益が伸びなければなりません。

SEOとこの広告については、集客のカテゴリのところで詳しくお話する予定です。

ショッピングモールで商品を探す

検索であれば商品の情報収集の段階等の場合もありますが、ショッピングモールであれば、既にかなり購入意欲が高いと思われます。

ショッピングモールの中から、如何に自店に誘導出来るかと、コストをまかなって採算が取れるかという点が重要になってくると思います。

ネットオークションで商品を探す

ネットオークションでは、少しでも安く買いたいという動機が強いと思います。

ですから同じ時期に同じ商品が出品されていると、予想外に安く落札されてしまうと言うことも充分に考えておく必要があります。
だからと言って、最低落札価格を高くしているとほとんど集客の効果が得られません。

ですが非常に安いコストで大量のアクセスを集めることも可能ですので、客寄せの広告費用やり―ピーター獲得のためのコストと割り切れば強力なツールになり得ます。

価格比較サイトで商品を探す

購入意欲はかなり高いとは思うのですが、安売りが良くないのはお話ししたとおりです。

また安いと言う理由での購入者は、価格以外の理由でリピーターにするのは難しくまたメリットもほとんどありません。

メーカーのサイトで商品を探す

メーカーのサイトで商品スペックなどを調べたりすると言う事だと思いますが、ネットショップとしては特に取れる対策はないように思われます。

いつものネットショップで商品を探す

購入手段として、いつものネットショップで商品を探すと言う人は多い上に、新規顧客を獲得するのと比べれば、リピーターを維持するコストや手間はとても低いのです。

一回売ってお仕舞いではなく、いかにリピーターを獲得、維持できるかがネットショップを始めるにあたり、成否を分けるのではないでしょうか?

お客を絞り込む <<

売上

>> なぜ商品が売れないのか

09/10/07更新 09/10/06追加