ネットショップの始め方

■ ホーム  >> マーケティング >> 追加購入で売上アップ

追加購入で売上アップ

インターネット書店のアマゾンはご存知だと思いますが、ここは1500円以上の購入で送料が無料になります。

ですが単純に送料無料にしているのではなく、かなり深く考えられているのです。

多くの書籍は1冊、1200円とか1470円というように、千数百円程度で1500円を切る価格のものが多くなっています。
ですから1冊だけであれば、送料無料にならない場合が多いのです。

もちろんあとちょっとで送料無料に届かないというのは偶然ではなくて、売れている本の価格帯から意図的に計算されている訳です。

「あとちょっとが悔しいので、送料が無料になるように商品を追加購入する。」

ですが1冊の本の値段が千数百円ですから、足りない場合は、もう1冊本を買わなくてはなりません。
つまりこの送料無料の仕掛けで、1冊だけ購入という人が多いのを、一気に2倍に引き上げられる訳です。

そして実はアマゾンの場合、購入額を引き上げるための仕掛けは、単に1500円以上で送料無料という一つだけではないのです。

実はもうひとつ仕掛けがあるのですがわかりますか?

それは送料です。

送料が無料にならない場合は、340円の送料が掛かります。
本1冊に送料が340円だとちょっと高い気がしませんか?

一律の送料にするために大きめの本の場合も想定しての送料設定だろうけれど、それにしても超大手のアマゾンなら「配送業者と交渉して、相当安くすることも充分可能なはずなのになぜあまり安くないんだろう?」
ずっとそう思っていました。

そうです。 意図的にちょっと高めの送料を設定しているという事です。
もちろん送料で儲けようと思っている訳ではないでしょう。
送料で儲けようとしていると思われれば、非常に印象を悪くするでしょう。

また送料が本1冊で500円、いや400円でも「ちょっと高すぎるんじゃないの!」という事になるでしょうから、340円というのは絶妙な価格設定だと言えます。

では何のために送料をわざわざ高めに設定しているのでしょうか?

もちろん、送料が安ければ、わざわざ本をもう一冊購入しなくてもそのまま1冊だけ買って送料を払ってもかまわないという人が増えるからです。

そうなれば、せっかくの送料無料の仕掛けも充分に機能しなくなるでしょう。