ネットショップの始め方

■ ホーム  >> マーケティング >> 商品の魅力を伝える

商品の魅力を伝える

ネットショップの作りがひどすぎるとか、サイトデザイン、レイアウト、そういう様々な要素もありますが、商品の魅力を伝えることが出来ていないと言うのはどんな点が問題なのでしょうか?

商品の説明が足りない

大抵の場合は、商品の説明が不足しています。

こんなネットショップを見かけませんか?

例えば、ただ商品名と写真1枚に価格を羅列しただけなどでは、初めからその商品を探して買う気まんまんでやって来た訪問者以外はまず購入に至らないと言う事です。

ただし普通は、その様な人は集客力のある大手ネットショップに流れるのが普通です。

広告や他の媒体であれば時間やスペース的な制約も大きいのですが、自分のネットショップの中であれば、幾らでも詳しく作ることが出来ます。

例えば、同じ商品であっても、その商品を必要とする理由一つでも人それぞれです。
当然に商品を選ぶ基準も人それぞれです。

ある人にとっては、商品を置くスペースの制約があって、大きさをとても気にしているのかも知れません。

また、本来想定されている商品の使い方と違った目的で必要としているので、一見どうでも良さそうなスペックを気にするということもあるでしょう。

ですから、出来るだけたくさんの商品についての情報を提供する方が売れ易くなります。

もちろん情報が多すぎて、欲しい情報が分かり難いと言う様にならない配慮は必要です。

お客さんにとっては、必要な情報だけを詳しく知りたい。

商品の説明が伝わっていない

そして文章力。

文章力と言っても文学的に優れた文章が書けなければならないということではありません。

「伝えたいと内容が意図したとおりに伝わっているのか」と言う事です。

こんなのもよく見かけませんか?

「おススメです!」、「一押しです!」、「美味しいです!」

こんな事が書いてあったとしても普通の人は、『おススメですか! 買います♪』とか『美味しいんだ!』なんてことになるはずがないと言う事ですね。

そういう書き方で説得されるのは、紹介者や売り手がすでに読む人にとって信頼されている場合だけです。
当然、これでは初めてネットショップへやって来た訪問者が説得されることはないのです。

専門用語とか英語その他の外来語なども当然伝わり難くなるのは間違いないでしょう。

やたらに長い文も読み辛くわかり難くなってしまいますが、逆に省略し過ぎていないかも注意しなくてはなりません。

また文章の書き方によっては複数の異なった意味にとれてしまう文章になる場合もありますので、これも注意が必要です。

商品の写真

文章で長々と説明してもなかなか伝わらないことでも写真一つでズバッと伝わると言う事もあるものです。

商品のイメージも全体だけでなく一部分のアップ、裏側など多いに越したことはありません。

また直接の商品の写真だけでなく関連の写真など。

農産物などであれば、商品だけでなく産地だとか生産者の写真などを載せているというのも、今ではたくさん見掛けますよね。
あんな感じです。

そして、この写真ですが、写真の出来栄えも大きく売上に影響します。

ピンボケであれば、その商品までなんだかパッとしないような気になってしまいますし、逆に素晴らしい出来栄えであればとても魅力的な商品に思えてくるものです。

美味しそうに見える料理

美味しくなさそうに見える料理

そして写真というものは単に画像だけでなく、その見せ方でも大きくイメージが変わって来ます。

関連: 製作のカテゴリの商品写真の撮り方

成約率が低かったら <<

売上

>> リピーターの重要性

10/03/18更新 09/10/16追加