ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 運営 >> 会計の知識

ネットショプに必要な会計の知識

今回はネットショップを経営して行く上で、会計の知識が必要と言うお話です。

会計の勉強というか具体的には簿記の勉強です。

簿記の知識が無くてもお店の売り上げには関係ありません。
簿記の試験に合格してないと、商売やっちゃいけないなんていう決まりもありません。

帳簿を付けたり、税務申告だって税理士さんに頼めばやってくれます。
それどころか会計ソフトを使えば、帳簿を入力さえすれば、カンタンに申告などに必要な書類は出来てしまいます。

ですから会計の知識が全く無くて財務諸表を全く読めない経営者も少なくないようです。

それでも経営者として必要な知識なのです。

クルマの運転に例えるならば、
標識とかが全然分からないのに、国際免許で(海外で)運転する様なものなのです。
地図も無しに見知らぬ土地を運転する様なものなのです。
かなり怖くないですか?

商売では、売り上げがどんどん増えて儲かってるのに潰れてしまう事だってあり得ます!

実際に売上をどんどん伸ばしていっている会社が突然潰れてしまうなんとこともおこります。
『ウチのショップ、そこそこ売れてるのになんでキツイんだろ?』なんてこともあるかもしれません。
よく言われる「勘定合って銭足らず」という状態ですね。

知識が無ければ「儲かっているのに潰れるって???」というように思えるのではないでしょうか?

でもちゃんと会計の知識があればそういう事にならずに済んだかもしれません。

会社の状態を把握出来ずに経営を続けるというのは無謀というものです。

具体的にどの程度の知識があった方が良いかと言うと、せめて日商の簿記三級くらいは勉強しておいた方が良いでしょう。

勉強と言ってもごく基礎的なことで、難しいものではありません。

仕事しながらでも、ヒマを見つけながら勉強しても半月からひと月もあれば楽勝です。

もちろん自分のネットショップの経営に役に立てるための勉強なので、わざわざ簿記の検定試験を受ける必要はありません。
自分で理解できれば良いだけのことなのです。

次は、ついでなので売上と利益の関係をカンタンにお話ししたいと思います。

関連: 弥生会計 無料体験版

帳簿

前 <<

運営

>> 儲けは別

09/10/14更新 09/10/14追加