ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 運営 >> 儲けは別

儲けは別

さて前回、小さなネットショップであっても会計の知識が必要というお話をしました。
その流れでと言うか、ついでに、今回は売上と利益の関係についてお話ししようかと思います。

なんとかネットショップを開業して初めての決算を行う事になりました。
決算のため、前期の損益を計算するとしましょう。

売上は1千万円だったとします。 ここからいったいどれだけの利益が上がったのかを考えてみましょう。
仕入れた商品は600万円。 諸々の経費が300万円でした。

さて利益は?

1000 - (600 + 300) = 100

で利益は100万円。

と思う人も多いと思いますが、ちょっと違います。

600万円の仕入商品のうちどれだけの商品が売れたのかで利益額は変わって来ます。

600万円の仕入商品のうち400万円分が売れて売上が1千万円だったとします。

そうすると、 1000 - ( (600-200) + 300) = 300

この場合、売れていない200万円分の仕入れ代金を経費から除外します。
ですから利益は300万円と言う事になります。

そうすると、まだ売れていない仕入商品の分に支払っている200万円は何なのかと言うと、これは将来売れた時にお店に利益をもたらすであろう、資産と言う事になります。
仕入商品は在庫のうちは資産と言う事で、経費にはなりません。
お金と言う資産を、商品と言う資産と交換したと言う事なのです。
売れた時点で、儲けるために使った経費と言う事で計算します。

つまり、2千万円分商品を仕入れて1千万円の売上でも、資金繰りはマイナスなのに黒字と言うことも充分にある訳です。

商品は仕入れた段階では経費にはなりません。

ですから、決算してみたら思った以上に利益が多くて、「納税額が思っていたよりも多かった。」と言う事にもなりかねません。

お金が無くて税金の支払いを慌てると言うひともいるかと思います。

また、仕入だけでなく、高額のものを買った場合も経費ではなく資産勘定にしなくてはならないと言うこともあります。

例えば、仕事に必要なので50万円でパソコンを買ったとします。
その場合も50万円を一度に経費に出来ず、いったん資産勘定にして、数年に分けて経費として行くと言う減価償却という方法を取らなくてはなりません。

資産を購入した年だけでなく耐用年数に応じて数年に渡って経費として計上して行きます。
ですから翌年以降は、実際にはお金が出て行っている訳ではないのに、経費を計上します。

なかにはこれを、実際にお金が出て行っている訳でもないのに、経費計上できるので得だと勘違いしている(本などでもそのように書いてあるものを時々見かけます!)ひとも少なくないようです。

ですが既に支払ったお金を、長い間に渡って小分けにして後から経費に計上するので、「幾らの資産を使ってどれだけの利益をあげたのか」と言う事を知るのには良くても、納税額が増えたり、資金繰りにも影響があります。

ですからキチンと分かっていないと、過大に税金を払ってしまったり、資金繰りに詰まったり、経営を見誤ったりすると言う事も起こるのです。

商品の山

必要な会計の知識 <<

運営

>> 次

09/10/15更新 09/10/15追加