ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 準備  >> ネットショップで何を売るのか

ネットショップで何を売るのか

ネットショップを始めようという人は、ある程度すでに売りたい商品が決まっているかもしれません。

ですがすぐに商品を決めてしまう前に、ネットで商品を売ることは実店舗で商品を売るのとはちょっと違うということを理解しておく必要があります。

送料の問題

ネットショップで商品を売る場合、商品をお客さんへ送らなければなりません。
ショップが負担するにしろお客さんが負担するにしろ、送料というコストが発生します。

送料は特に商品単価や客単価が低い商品ではとても大きな問題です。

仮にショップが負担して送料無料という形にする場合でも、赤字で売る訳には行きません。
ですから結局は販売価格に送料分を上乗せするという形で回収するのが普通です。

つまり、お客さんにとってどこででも買えるような商品であれば、わざわざネットショップで買うにはそれなりの理由が必要なのです。

例えば、amazonでは書籍を売っています。
ですが書籍は、日本ではどこで買っても値段が変わりません。
それでもamazonは日本でも大成功しています。

理由はいくつもあると思いますが、
一番は膨大な本の中から選べるという品揃えのメリットがあると思います。
これが実店舗であれば、どんなに大きな本屋さんでもamazonの様な品揃えは無理でしょう。

また、地方であれば近くに大きな本屋さんが無いので、送料が掛かっても仕方なくネットで注文するという人もいるでしょう。

しかしこれほど成功しているamazonでも、一定額以上購入で送料無料とか、送料無料キャンペーンを行ったりしています。

つまりネットで商品を売るには、他では買えない(買えなさそうな)商品を売るのが一番良いことになります。
それは逆に、他で買えない商品ならば、わざわざ遠くまで買いに行って交通費や時間を使わなくてもカンタンに取り寄せできるのはネットショップのメリットになるのです。

ですから、あなたのネットショップで売る商品が、よそでもカンタンに買える商品であれば、それ以外でお客さんがあなたのネットショップでわざわざ買いたくなる何らかのメリットが必要なのです。

郵便物

次は、ではよそで買えないような商品を自分のネットショップに用意出来ない場合についてお話しします。

参考: amazon