ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 準備  >> ネットショップの商品発送方法

商品発送方法

今回はネットショップの商品発送の方法について考えます。

商品の発送方法について一般的に考えられるのは、

  • 定型外郵便
  • メール便
  • EXPACK
  • ゆうパック
  • 宅配便

ということになるかと思います。

送料がお客さんの負担であったとしても、出来るだけ安くなるようにすることが大切だという事はすでにお話ししたとおりです。

先ほどの5つの発送方法ですが、あまり大きくない商品の場合は、定型外郵便、メール便、EXPACKが、送料が安くつきます。

ですが、これらの輸送方法は、商品の破損や、輸送中の紛失などの場合でも補償がありません。

破損や紛失などの郵便事故は意外に起こり得るということを知っておく必要があります。

特にネットショップでは、その性質上たくさんの商品を送らなくてはなりませんから、必ず事故が起こると思って間違いないでしょう。

これは輸送中の紛失もそうですが、現実には配達後、郵便受けからはみ出しているものが抜き取られるというようなこともよく起こります。

ですから、高価なものは送料が高くついてもほかの方法で発送するとか、
価格の安いものは、ネットショップの負担で代替品を送るなどの対応も検討しておきます。

確かに予め発送方法による補償について明記しておけば、補償の責任はありません。

ですが、たとえお店側に落ち度がなくとも、ビジネスとして将来のリピーターを失うかも知れないリスクを取るよりも、安いコストで将来のリピーターを獲得できるかもしれないチャンスでもあるということを充分に考えて総合的に判断し、そのような場合にどのように対応するのかということもあらかじめ考えておきましょう。

送料を下げる

これらの送料ですが、発送数が増えてくれば価格を安くすることが出来ます。
郵便の場合は、きっちりと条件が決まっていますが、宅配業者の場合は価格交渉で送料を引き下げる努力も忘れないようにしましょう。

送料無料で売上アップ

送料無料に出来れば、それに越したことはないと思いますが、なかなか難しいと思います。

そこでけっこう良い方法が、購入金額などに応じた送料負担です。
例えば、「お買い上げ5千円以上で送料無料」といった感じにする訳です。

ただしこの場合、注意しなくてはならないことが2点あります。

ひとつは、送料をネットショップで負担することで売上の増加に繋がらなくては利益を圧迫してしまいます。

仮にあなたのネットショップが1回あたりの平均売上が2万円だったとします。
それなのに1万円以上で送料無料としても、経費が増えるだけで売り上げの増加にはほとんど貢献しないかもしれません。

また逆に、平均が1千円程度なのに、1万円以上で送料無料は、お客さんにとってハードルが高過ぎるかも知れません。
その場合もやはり売り上げ増加にはほとんど結びつかないでしょう。

つまり「あとチョット買い足せば送料無料ならば。」という気になって、お客さんが実際に余計に買い物をしてくれるようになら無くてはならないという事です。

そして、送料の負担額よりも実際の利益が増えなくてはならないという事です。

仮に売り上げが伸びても、送料の負担額よりも増加した利益分が少なければ、返って損してしまうという事です。

専門店になる <<

準備

>>  ネットショップの決済方法

10/03/17更新 09/09/25追加