ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 手続 >> ネットショップ専用の銀行口座を開く

ネットショップの銀行口座を開く

ネットショップを始めたならば、当然代金の受け取りや経費の支払いが発生します。
そのために銀行口座は必ず必要です。

もちろんあなたがいま使っている銀行口座をネットショップの口座としても兼用で使うことも出来ない訳ではありません。

ですが、必ずビジネス専用の銀行口座を開いておくべきです。

ではなぜビジネスアカウントが必要なのでしょうか?

専用の銀行口座が必要な訳

理由はいくつかありますが、ビジネスとして公私を別けるという当たり前のことでもあります。

銀行口座を兼用にしていると、お金の管理がどんぶり勘定になりがちです。
お金の流れや収支も把握し難くなってしまいます。

そして私用とネットショップの収支が入り混じっていると、管理や帳簿などへの記帳も、いちいち詳細を確認しながら作業しなくてはならないのでとても面倒になります。

ビジネス口座の開設方法

ネットショップやビジネス専用の口座を開くと言っても、特に変わった事をする必要はありません。

あなたの個人名でそのまま新しく専用の口座を開いてもかまいませんし、
もちろんビジネス用に屋号で口座を開く事も出来ます。
ですが体裁はやはり屋号の方が良いでしょう。

この場合の口座名義は、株式会社などの法人と違って、屋号プラスあなたの名前という記載になります。

ネットショップ口座を開設する銀行は

もちろんこのネットショップ用の口座ですが、どこの銀行で開設しても構わないのですが。

あなたのネットショップの収支のメインにする口座だけでなく、
お客さんの利便性を考えて売上の入金用に複数の銀行口座を開いておくようにしましょう。

例えば、普通のお店と違ってネットショップですので、ネット関係で利用の多いネットバンク。
特にジャパンネット銀行とイーバンク銀行、
それと地方ではゆうちょ銀行だけという人も多いのでゆうちょ銀行。
この三行の口座は用意しておきましょう。

特にお客さんからの入金を確認するのにネットバンクならばパソコンからすぐに確認できます。
そしてネットバンクでなければ入金の確認がとても面倒になりますし、対応にも時間が掛かってしまいます。

ですからお客さんからの売り上げ入金にはネットバンクは必須です。

お客さんのことを考えて口座を開く訳

それから、どうせ振込手数料はお客さんが負担するんだし関係ないと思っているのならば大間違いです。

普通の人は、商品を購入する時に、商品単体の値段だけでなくトータルで幾ら支払うのかを気にして商品を購入します。
振込手数料だけでなく、常に相手の立場に立って考えることが出来なければ、ネットショップの成功も遠いでしょう。

お客さんの支払う振込手数料を軽減してあげれば、
結局その分は値下げ同等の競争力を得られます。

つまりあなたは何も負担しなくても売上のアップに貢献するという事です。

参考: ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

参考: イーバンク

家族への給与 <<

手続

>> 印鑑は作る必要があるか

09/09/24更新 09/09/24追加