ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 手続 >> 青色申告

青色申告

ネットショップを始めると事業所得を得ることになります。
所得があれば確定申告をしなくてはならないようになります。

大雑把に言うと、売上などの収入から売れた分の仕入れ代金や経費を差し引いた残りが利益、
マイナスならば赤字という事ですね。

利益が出た場合、税金を払わなくてはなりません。

ですが出来れば、支払う税金は少しでも安くなると有り難いですよね。

だからと言って、申告しなかったり、申告額をごまかしたりすると、非常に厳しいお咎めがありますし、まずバレますのでやめておいた方が結局お得です。

青色申告にすると税金が安くなる

なにも不正をしなくても、ネットショップの開業届を出す時に、一緒に「青色申告承認申請書」という書類を出しておけば、税金が安くなるなどの特典を受けることが出来ます。

この青色申告に対して、普通の申告は白色申告とも言われます。
因みにこの色は、それぞれの書類の色から来ています。

この青色申告もやはり提出期限があるのですが、期限を過ぎるとペナルティがあるとか、その後もう青色申告に出来ないということではなく、単にその年度の青色申告の特典が受けられないということになります。

ですが特典を受けるためには、ネットショップの開業届と一緒に出しておくとよいでしょう。

例えば青色申告にすると65万円もしくは10万円の所得控除を受けることが出来ます。

どういうことかというと、仮に所得額が100万円だとしたら、そのままでは100万円に対して税金が掛かりますが、65万円控除であれば、100万円から65万円を控除した残りの35万円に対して課税されることになります。

この控除額の違いですが、これは帳簿の付け方などによる違いで、複式簿記だと控除額65万円、簡易簿記だと控除額10万円になります。

複式簿記というとなんだか大変そうに思われるかもしれません。
ですが、現在では会計ソフトで記帳すると、自動的に必要書類が作成されますので全く問題ないと思います。

というか、ソフトを使わなくて紙の帳簿に付けることも出来ないことではないのですが、ちょっとした計算間違いなどがあったり、過去の記入漏れがあったりすると、それ以降の全ての金額が変わるので恐ろしく面倒です。
ですから、帳簿付けや申告には会計ソフトは必須だと思います。

会計ソフトも今はずいぶんと安くなっていますのでちゅうちょ無く導入出来ると思います。 わたしが最初に使った会計ソフトは当時フロッピーで25万円でした。

参考: 弥生会計

青色申告の様々なメリット

大きく特別控除について取り上げましたがそれだけがメリットではありません。

  • 青色申告特別控除 65万円、10万円の控除
  • 損失分の繰越控除 翌年以降3年間
  • 損失分の繰越還付 前年分
  • 専従者給与の必要経費算入
  • 減価償却資産の特別償却
  • 更正の制限
  • 更正の理由附記
  • 推計課税

青色申告にはこのような感じで様々なメリットがあります。

最後の3つはよく分かり難いと思いますので分かりやすく言うと、
白色申告の場合は「あんた申告額が少なすぎるんじゃないの? (たぶん)本当はこれくらい(っぽい)から税金これだけね!」という事がありうるという事です。

ですが青色申告の場合は、帳簿調査に基づいて、更正通知書にその更正理由が附記され、推計は許されないということです。

帳簿

開業届 <<

手続

>> 家族への給与

09/09/23更新 09/09/23追加