ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 手続 >> 許認可 - 食品衛生法に基づく営業許可

食品衛生法に基づく営業許可

ネットショップのうちでも食品関係を扱いたいというショップも多いようですので、ちょっと詳しくお話しします。

食品の販売の場合、加工食品を仕入れて販売する場合は営業許可は必要ありません。

ですが、自分で加工して販売する場合や、魚介類や肉類などを売る場合など食品衛生法に基づく営業許可が必要になります。

この営業許可は、必要書類だけでなく、営業施設が基準に適合しなくてはなりません。
さらに食品衛生責任者が必要です。

手作りのパンが友だちなどに評判が良いのでネットで売ってみようと思い立ったとします。

「取り敢えずは、自宅のキッチンで作る副業程度から始めて、売り上げが増えてきたらキチンとした体制に。」と考えているとします。

ですが自家用のキッチンでは、どんなに立派で清潔に保たれていたとしても、営業許可は下りません。

必ず別に専用の調理施設を用意しなくては営業許可は下りません。

食品衛生法に基づく営業許可を取る場合は、管轄は保健所になります。

そして基準は営業の種類や管轄の都道府県などによって違ってきますので、営業を行う場所の管轄の保健所に問い合わせてみて下さい。

食品衛生責任者

食品衛生責任者はだれでも良いとわけでなく、食品衛生責任者の免許を受けた人でなくてはなりません。

といっても、別に難しいものではなく、1日講習を受ければ取得できます。

ただし取り敢えず将来に備えて、食品衛生責任者の免許だけでも先にとっておこうと言う理由では、たぶん受講は出来ませんので、念のため。

食品衛生責任者についても、保健所に問い合わせてください。

パン

ネットショップに必要な許認可 <<

手続

>> 次

09/10/20更新 09/10/20追加