ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 手続 >> ネットショップの印鑑は作る必要があるか

ネットショップの印鑑は作る必要があるか

会社の作り方などの本を読むと、会社の設立や営業で必要な、印鑑の種類について書いてあると思います。

ネットショップの始め方では、個人事業を想定してお話しているのですが、一応法人についても言っておくと、3種類の印鑑が必要になります。

会社印(角印)という四角い印鑑と、代表者印(巻き印)という2重丸の印鑑、それから銀行印です。 あと、役員個人の実印も必要です。
それから印鑑ではないのですが、会社の所在地とか連絡先の入ったスタンプ。

印鑑を印鑑屋さんで作ってもらうと、一番安い柘の木を使ったものでも数万円とかします!
さらに『柘の木などだと使っているうちに、朱肉の油を吸って木が割れることもありますよ。』などという営業トークで高い材質で印鑑を作ると「印鑑代だけで一体何十万かかるんだよ!」ということにもなってしまいます。

ですが現実には一日に何十回それ以上印鑑を使いまくっても、朱肉の油を吸って印鑑が割れたりヒビが入ったことすらありません。(笑)

個人事業では普通は登記することもありませんし、代表者印や銀行印も個人の三文判で十分です。
ですが会社のスタンプや請求書や納品書などに角印はあった方が良いと思います。

スタンプはいちいち住所などを書いたり印刷したりする手間が省けますし、請求書や納品書に使う角印も法律的な意味はありませんが、書類の重みが違って見えます。

最近はネットなどで探すととても安く作れるところも多いので、スタンプと柘の角印の両方でも数千円程度で作れるはずです。

なお個人事業でも税務署その他で役所に提出する書類などは、事業主個人の印鑑を使いますが、基本的に実印が必要になることは無いと思います。
数百円の三文判で十分です。

ハンコ

ビジネス専用の銀行口座 <<

手続

>> 次

09/12/01更新 09/12/01追加