飲食店サイトの作り方

■ 飲食店サイトの作り方 >> 導入 >> 飲食店にホームページは必要ない

飲食店にホームページは必要ない

先ず初めに飲食店にはホームページは必要ないと思っている人もいるようですが、もちろんそんなことはありません。

飲食店にホームページが必要ないと思っている人の理由としては、大体次の2つだと思います。

「変な人が来ると嫌だ.」

「わざわざ手間を掛けて日本中の人に見せても意味がない」

もっともホームページを公開していない人の大部分は、
「たぶんあった方が良いのだろうけれど、どれほどの効果が期待できるのか分からないし、それになんだかとても大変そう。」
こんなところではないでしょうか?

飲食店のホームページの効果と手間

実は、飲食店のホームページと言うのは、ネットショップなどと違って、素人でもとてもカンタンに作ることが出来ます。

これがネットショップなどのホームページであれば、商品を売るので、入荷毎に新商品の紹介。 取り扱いの終わった商品の削除など頻繁な更新が必要なことが多いでしょう。
また購入時の決済だとか品切れの時の表示の処理などのシステムは、素人では作れない部分がたくさんあります。

ですが飲食店のホームページであれば、商品を売ったりする訳ではないので、決済や在庫管理などのシステムもいりません。
また頻繁なホームページの更新などもいりません。

いったんホームページを作ったら、後は頻繁な更新や特別なメンテナンスも必要ありません。
メニューの改定だとか季節イベントなどの情報の更新程度でもやって行けます。

要するに飲食店のホームページは、ごく初歩的な知識だけでも作れるし、メンテナンスの手間もほとんどかからないと言う事です。

そして、最近は、初めてお店を利用する前の下調べだとか、ネットでお店を探して利用するという人がとても増えています。

最近では、個人で日記代わりにブログを書いている人も少なくありません。
また食べ歩きをして、それをブログにしている人も少なくありません。

例えばあなたのお店を利用してくれたお客さんの誰かが、そのことを自分のブログで取り上げたとしましょう。

その時に、あなたのお店のホームページを公開していれば、ブログにホームページをリンクして紹介して貰えると言うこともあります。

そうすれば、そのリンクからあなたのお店のホームページへやって来たブログの読者が、お店の情報を確認して、実際のお店へやって来てくれる可能性もあります。
お気に入りに登録して後日来店と言うこともあり得ます。

その時に、もしもお店のホームページすらなければ、せっかくブログで取り上げてくれても、営業時間や住所、メニューなど詳細まで紹介してくれる人はほとんどいないので、せっかくの機会も無駄になってしまう可能性が高いでしょう。

飲食店においても今後ますます、インターネットの利用が重要になってくるものと思われます。

では次は、「変な人が来ると嫌だ.」、「わざわざ手間を掛けて日本中の人に見せても意味がない」という事についてお話しします。

前 <<

導入

>> 飲食店にサイトは必要ない2

09/10/19更新 09/10/19追加