ネットショップの始め方

■ ホーム  >> 集客 >> インターネット広告 >> インターネット広告の種類と特徴 バナーとテキスト

インターネット広告の種類と特徴

前回はインターネット広告の料金についてお話ししましたが、今回はその広告の種類と特徴についてです。

インターネットでは日々変化し続けていますので、広告に関してもいろいろなものが出ています。
そこであまり細かく分けず、小さなネットショップでも関係のありそうな広告の種類についてお話したいと思います。

バナー広告

インターネット広告といえばバナー広告が真っ先に思いつくのではないかと思います。事実、インターネットが普及し始めた最初のころに出来たのがバナー広告です。

ですから広告としては一番メジャーな方法です。

またバナー広告は、非常に目立ちやすいので「広告の3つの役目」のところでお話ししたように、
「広告を多くの人に見せることで、ある企業や商品、ブランドなどを認知させるという効果」が期待出来るといわれています。

ですが問題は、バナー広告は「如何にも広告」という体裁をしているせいか、現在ではクリック率がとても低くなっています。

それでもある程度広告の露出を増やしてゆこうと思えば欠かせない広告です。

テキスト広告

基本的にはバナー広告と変わらないとも言えるかと思います。
広告を掲載するサイト側からすると、テキストだけの広告ですので、バナー広告よりも軽くスペースもとらないので多くの広告を掲載しやすくなります。
ですから料金的にはバナー広告より安めになります。

バナー広告と違って画像が使えませんので表現が限られてしまうのと、目立ち難いという点がやや欠点かもしれません。

ですが逆にこの点が、「広告臭くない」というメリットでもあります。
テキスト広告は広告料も安く、掲載の仕方によってはクリック率がとても高くなる広告です。

広告の料金の種類 <<

集客

>> 広告の種類2 メール

09/11/20更新 09/11/20追加