ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> ネットショップに店長日記は必要なのか

ネットショップに店長日記は必要なのか

ネットショップを見て回ると、店長日記と言うか店長ブログというか、まあ本来の販売とは全く関係のなさそうなコンテンツを設けてあるネットショップを見かけると思います。

この人たちは目立ちたがり屋なのでしょうか?
それとも単に自己満足?

この店長日記を、「わざわざ面倒な日記を更新し続けてまでコンテンツに加える必要があるのか?」についてお話しします。

結論としては、
店長日記はぜひ必要です。

もちろんこれは「店長の日記が必要」なのではなく、
スタッフでも良いし、
日記でなく雑記の様なものでも良いので、ここでは便宜上「店長ブログ」と呼びます。

ではなぜ店長ブログが必要なのでしょうか?

店長ブログが必要な訳

店長日記

店長ブログが必要な理由はたくさんありますので順に説明して行きます。

一つはブログというシステムを使うこと。

ブログの特性

最近は個人でも、何の知識が無くても簡単にブログサービスを使って自分のブログを持つことが出来ます。
よくホームページ(サイト)とブログを別けて話すのですが、実はブログはホームページの1つの形態にすぎません。

それでもブログはその特性上、いわゆる普通のホームページとは大きな違いがあります。

例えばアクセス一つとっても、
普通のホームページでは、作ったその日にアクセスがあるなどという事はありません。
ところがブログは、初めて作ったブログでも、記事をアップした途端にたくさんのアクセスがあるのも珍しくはありません。

また検索エンジン対策上も有利であるといわれています。

他にもサイトの運営や更新が簡単だとか良いことばかりのようですが、
ブログは新着の記事がアップされると過去の記事はどんどん埋もれて行き古い記事が読まれ難くなる欠点があります。

また更新直後はアクセスがどっと増えても、更新が滞っているとアクセスが減りやすいということもあります。
さらにページごとに自由にデザインやレイアウトを変えるのも難しいでしょう。

その欠点を補うために両者を組み合わせるのです。

ブログを始めようと思っても、単に個人の私的なブログならば無料のブログサービスは幾らでもあります。
ですがネットショップで利用する場合は、無料のサービスは使ってはいけません。
無料のものは勝手に広告が入りますので、あなたのネットショップのイメージを損なってしまいます。

これでは何のための店長ブログか分からなくなってしまいますし、
競合するネットショップなどの広告が表示されれば洒落にもなりません。

広告以外にも勝手に規約が変更されるのは普通ですし問題だらけなので、ネットショップのブログとしては無料サービスは使うべきではないのです。

まあブログサービスを利用しなくても、自分でソフトを使ってブログを構築する方法もあります。
その場合、シックス・アパート社の、Movable Type(ムーバブル・タイプ)を使うことになるでしょう。

参考: ムーバブル・タイプ

Movable Typeはものすごく普及していますのでたくさんの入門書があります。

多くのブログサービスでは、サービスで提供されるテンプレートデザインから選ぶのでどうしても同じ会社のサービスを使っているブログは変わり映えのしない似たようなデザインになってしまいます。

ですが、Movable Typeの場合は、テンプレートも有料無料を含めて幾らでも手に入りますのでデザインなどもかなり自由度が高いのです。

ただMovable Typeを使って自分でブログを作ろうとすると、それなりの知識が必要で勉強にも時間が取られてしまいます。
ですので自信のある人以外はネットショップの店長ブログを作るための方法としてはあまりお薦めはできません。

Movable Type(ムーバブル・タイプ)と互換性のあるやはりシックス・アパート社の、Type Pad(タイプ・パッド)というブログサービスを使うのが簡単で良いのではないかと思います。

参考: タイプパット

参考: ムーバブル・タイプ

ちょっとブログ自体の説明が長くなってしまいましたが、本来の店長ブログとしてなぜ必要なのかに戻ります。

店長ブログの隠れた効果

ここまでお話ししたように、ブログはSEO上有利という点と速効性のあるアクセスアップツール、つまり店長ブログを作ることによって、一つの強力なトラフィックを呼び込むツールになりうるのです。

またネットショップでの回遊(滞在)時間が長ければ、それだけ売上げが伸びやすいというお話は滞在時間と売上の関係 のところで詳しくお話ししています。

ただ単に商品を売っているだけのネットショップであれば、商品を買いたいと思っているとき以外は普通の利用者はネットショップを訪れません。

ですが、魅力あるコンテンツ(店長ブログ)があれば、ブログを読むために訪れるリピーターも増えるでしょう。

ネットショップを訪れる機会が増えれば、それだけネットショップでの売上げも増える可能性が高くなります。

そしてわたしはこれが最も大切だと思っているのですが、
顧客若しくは顧客予備軍の人たちにファンになってもらうのです。

人は全く知らないものに対して親しみを感じることはありません。

逆に人はあることに対して知れば知るほど親しみを感じやすくなる特性があります。

ですからブログで単に商品の情報だけでなく、お店や店長、スタッフなどの販売に関係のない一面を知ることによってネットショップにも親しみを感じてもらいやすいのです。

つまり贔屓にしてもらうのです。

分かりやすく言えば、あなたの友だちがカフェを始めたとしましょう。
そうすれば多分あなたはお店に行きますよね?
近くを通ったならば、知らないお店よりも友だちの方のお店を利用するのではないでしょうか?
多分、ちょっとくらい値段が高かったり、あまり美味しくなかったとしても.

それでは友だちでなくてちょっとした知り合いならばどうでしょうか?
やはり友だちのお店ほどは無くても全く知らないお店よりも知り合いのお店の方を利用する可能性が高いのではないでしょうか?

つまり人は知らないものよりも知っている方が親しみを感じやすく、
そして知れば知るほど親しみを感じやすいのです。

そして親しみを感じれば利用してもらいやすい、贔屓してもらいやすいのです。

これがわたしが店長ブログを強く勧める理由なのです。