ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> ネットショップのイメージカラー

ネットショップのイメージカラー

まずホームページのデザインを統一をするのが大切だというのは「ネットショップのデザイン」でもお話ししたとおりです。

これは色についても同じことがいえます。

その場の思いつきで自由に色を使って行くのではなく、
ネットショップ全体としてのイメージカラーを決めます。

そしてそのイメージカラーを中心にして、他に使って行く色を決めて行くのです。

決めて行く色は、メインのイメージカラーと違和感のないような色であることは当然ですが、使う場所によって目立つのか、馴染むのかと言う事も充分に検討して配色して行きます。

また、中心となるイメージカラーですが、単なる好みでや見た目の格好良さなどだけで決めるべきではありません。

色によって、女性に好まれやすい(嫌われやすい)色もあれば男性に好まれやすい色と言うのもあります。

またクール感じ、優しい感じ、落ち着く感じ、高揚する感じと言うように、
色だけでも様々な影響があります。

ですから、ネットショップのターゲットに合った色を選んだり、商品や内容に合った色を選ぶというのはとても大切なことなのです。

もちろん、それはネットショップのイメージカラーなどが売り上げにも影響するという事なのです。

ホームページと言うのは、せっかく細部まで詰めて色を決めたとしても、その色は、あくまでもあなたのパソコンで見た場合の色に過ぎません。

モニターやパソコン環境の違いによって、同じ色であっても全く違った雰囲気に見えてしまうこともあるというのを理解しておく必要があります。

上の囲み記事はちょっとアヤシイ上に読み難くなっています。
他のところの囲み記事と全く雰囲気が違っているのが分かってもらえると思います。
そればかりか、囲みの印象が強烈過ぎて、その前後のを読むのにも気が散って読み難くなってしまっています。