ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> ネットショップのページデザイン

ネットショップのデザイン

ネットショップのページデザインと言っても基本的に普通のホームページと注意することは同じです。

何はさておいても大事な点は、「分かりやすい」そして「見やすい」この条件は絶対に守らなくてはなりません。

そしてデザインの統一です。

そんなことは当たり前と思われるかもしれませんが、現実にはまったく出来ていないホームページが多いのです。

見やすいページ

例えば配色ひとつとっても、
パッと見には格好良いのですが肝心のホームページを長く見ていると.

目の疲れるようなチカチカとしたような配色。

背景が邪魔で文章が読み難い。

背景と文字の組み合わせが同系色で読み辛い。
こんな経験誰でもあると思います。

分かりやすいページ

また今いるページがホームページのどこに位置しているのか迷ってしまう。

位置なんて関係あるのかと思われるかもしれませんが、ページが多いとそのページに再訪問しようとしても、どのページだったのかわからなければ、たどり着くのが難しくなってしまいます。

さらにページの移動方法自体が分かり難い。
目的のものがどのページに行けばあるのかが分かり難い。

これらのことにならないように気をつけてホームページを作って行くように心がけましょう。

少なくとも、
どのページからもトップページへ移動できるようにしておく、
サイトマップを用意する、

程度は必要です。

どんなに格好の良いネットショップを作っても、利用し難ければ単に自己満足のネットショップに過ぎません。

特にネットショップの様なサイトでは、見やすさ分かりやすさは、売上に直接跳ね返ってきます。

「ネットショップの始め方」の場合

因みにこの「ネットショップの始め方」では、
全てのページにあるタイトルバナーをクリックするとトップページへ移動。

タイトルのすぐ下には、現在のページがどのカテゴリのどの階層に属するのか分かるようにナビゲーション。

コンテンツの一番下には、前後のページのナビゲーション。

ページ左には、メニュー。
このメニューは、すべてのカテゴリメニューと、現在見ているページと同じカテゴリ内のすべてのコンテンツメニューを表示するようにしています。

ホームページのデザインを統一する

これはどういう事かと言うと、ページごとにナビゲーションの位置が違ったりすると、いちいちナビゲーションを探さなくてはならないことになります。

また、ページによってまったく違ったデザインだとよそのホームページへ移動してしまったのかと混乱してしまいます。
そうなると、ページを閉じられてしまうことも多いのです。

ですから同じネットショップ内では、統一したイメージでページを作って行く必要があるのです。