ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> ホームページを自分で作るには

ホームページを自分で作るには

必ずしも自分でホームページを作らなきゃいけないという訳ではないのですが、それでもある程度はサイト製作の知識があった方が断然よいと思います。

「外注で作ってもらうから良い」という人もいるかと思いますが、それでもカンタンな更新や修正など、いちいち人に頼んでいてはお金がとてもかかりますし、ホンのちょっとしたことなら自分でやればすぐに出来ますけれど、人に頼めばかなり時間のずれが出来てしまいます。

またプロに任せた方が良いと思うかもしれませんが、彼らはサイトをきれいに作るプロであってあなたの商品が売れるようにするプロではありません。
実は、プロの作ったきれいなサイトの方が返って、ネットショップの売上を落とす原因になる事もあるのです。

ホームページは作ったらお終いというものではなく、ずっと更新し続けるものなのです。
特にネットショップでは、商品の入れ替え作業など必ず必要な更新があります。

ホームページを作るのに必要な知識

自分でホームページを作ろうと思って入門書を探すと、あまりにもいろいろな本が多くて何から手を着けて良いのかわからないという人もいるかと思います。

たくさんの専門書を見るとかなりげんなりしてしまいます。
ですが実際には、ごく基礎的な知識だけでも結構キチンとしたホームページは作れます。

どれくらいカンタンかというと、ブログは小学生でも出来ますが、ブログの文字の色を変えたり、文字の大きさを変えたりとか、あんな感じのことをもうちょっと面倒にしただけです。
その程度の知識でもホームページは作れます。

例えばネットショップに必要なショッピングカートはカンタンには作れませんが、それらはレンタルで済ませることが出来ます。

ですから、「全部やらなくては!」でなくて、自分のネットショップに必要なところだけちょこちょことつまむ程度でOKです。

何からやれば良いのかというと、まずは「HTML」だけでOKです。
取り敢えず、ほかのことには目もくれず、「HTML」の入門書などでさらっと勉強して下さい。
約束事がいっぱい出てきますが、全部覚える必要はまったくありません。

HTMLである程度ホームページが作れるようになったら、
次は「CSS」を勉強してみて下さい。

それ以外の知識は、もっと勉強してみたいと思えば、その時にやれば良いと思います。

ここまで聞くとネットショップを始めるのはとても大変そうに思われるかもしれません。

ですが実際には、ほとんど自分で作れなくてもレンタルしたり、テンプレートを利用したり、ショッピングモール、ネットオークション、ブログと言うように様々なものがありますので、技術的な知識がなくともカンタンにネットショップを始めることが出来ます。

ただ知っている方が、ネットショップを始めるのに断然便利であるし有利だという事です。