ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> 商品写真の撮り方

商品写真の撮り方

商品の魅力を伝えるうえで、商品写真の出来栄えなどが売上げにも大きく影響するというのはネットショップの売上のカテゴリの中の商品の魅力を伝えるでお話しした通りです。

そこで、ここではその商品写真を上手に撮るにはどうすれば良いのかを簡単にお話ししたいと思います。

カメラについて

ホームページで使う写真ですので、フィルムカメラではなくデジタルカメラを使います。

そしてこのデジカメですが、やはり上級機種が良いのかと言うと、特に高いデジカメである必要はありません。

ネットショップの商品写真として使う場合、実はそれほど大きな画像を使うことはありません。
せいぜい数百ピクセルです。
この程度のものならば、現在ではデジカメはとても安くなっていますので、現行の普及機種で充分に事足りるのです。

それどころか最近では、携帯電話についているデジカメでもかなりの画素数のものが付いていたりします。
そうなると携帯電話のデジカメでも良いのではないかと思われそうですが、性能自体は良かったとしても、小さいのでブレやすかったり、操作性が劣るなどの問題があるので、やはり携帯の付属のデジカメではなく普通のデジカメを使った方が、手間や時間も節約できますし、仕上がりも良いと思います。

きれいに写真を撮るコツ

わたし自身あまり得意ではないので偉そうに言えないのですが、デジカメできれいに写真を撮るコツについて簡単に幾つかお話しします。

基本的にフラッシュを使いません。

これはフィルム写真とは全く違った特徴ですね。
デジカメを使い慣れていない人はついフラッシュを使いがちですし、またある程度暗いと自動的にデジカメがフラッシュを発光させるようになっていたりします。
ですから勝手にフラッシュが光らないように、自動設定になっている場合は、発行禁止に設定をして写真を撮るようにします。
ただし暗いとシャッター速度が遅くなるので手ぶれに注意して下さい。

というか基本的には三脚を使って写真を撮るようにします。

とにかくたくさん写す。

同じショットで撮るときに、1枚だけとか数枚だけ写真を撮るのではなく、とにかくこれでもかというくらい何枚も写真を撮るようにします。
要するにたくさん撮ってれば、中にはまぐれできれいに撮れているものもあるかもしれないという訳ですね。

フィルムと違って、どんなにたくさん写真をとってもフィルム代とか現像代みたいなお金はかかりませんから、全く懐を傷めず実行できます。
後で確認するときに写りの悪いものはバンバン削除すればよいだけのことですね。

ただし、デジカメのモニターで確認したときは、大して違わないように見えても、パソコンの画面で大きく表示してみるとまったく出来が違うということもよくありますので、出来れば画像ファイルを一旦パソコンに取り込んでから、削除した方が良いでしょう。

テクニックと言うよりほとんど基本的な事でしたが、詳しくは専門書などで勉強されると良いと思います。
写真の出来不出来が大きく売上げに影響しますのでやって損は無い勉強だと思います。

撮影機材専門店ライトグラフィカ 本格的な撮影機材をそろえたい方はこんなサイトもあります。

前 <<

製作トップ

>>  画像ファイルの使い方

11/04/04更新 10/03/18追加