ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> サーバーの選び方

レンタルサーバーの選び方

ネットショップで使うドメインを決めて、さあサーバーはとなると、会社のいろいろな説明を読んでも 「結局何がどう違うのか分からない。」とか、「値段が全然違うのは何なのか?」という人も多いのではないかと思います

そこでわたしが実際にサーバーを選ぶ時に勉強したポイントをまとめてみました。

レンタルサーバーの料金

全くの初心者が、ネットショップを始めた途端にアクセスが殺到するということはまずありえません。
大量に広告を投入すれば別ですが、売上予測も経たないうちに広告を投入してもほとんどお金をドブに捨てる様なものです。
ですから、最初はあまり転送量やアクセス数を気にすることはないと思います。

それよりも逆に、収入よりもサーバーレンタルなどの費用の方が多いような事態にでもなれば、負担ばかりで売上が伸びる前に嫌気がさしてきます。
その間の費用も全く無駄です。

確かにレンタルサーバーの料金は、安い所にはそれなりの制約があったり、あまり良くなかったりということもあります。
 ですが高ければ良いのかと言うと、料金と中身は正比例の関係ではない場合も多く、高くてもあまり変わらないと言う事もあります。

また最初から高いところと契約しても、最初のうちはオーバースペックで殆どレンタルサーバーの機能やサービスを使いこなしていないので費用の無駄と言う事になるのがオチです。

ですから初心者にとっては、レンタルサーバーの料金の高低は関係無い訳ではないが、関係あるとも言い切れないというところだと思います。

実際に安くても良いレンタルサーバーもあります。
要は、自分の状況に合っているかですね。

レンタルサーバーのポイント

ここではごく初心者向けのレンタルサーバーを選ぶためのポイントを紹介しておきたいと思います。

ホームページの内容の制限

会社によって、ホームページの内容について制限がある場合があります。

自分がやりたいホームページの内容で問題ないのかきちんと確認しておく必要があります。
 商用でやりたいのに商用不可などではしゃれにもなりません。  因みに、アダルトサイトや出会い系のサイトを禁止している所は非常に多い様です。

サーバーの容量

多ければ多いに越した事はありませんけれど、よほど画像、音声、フラッシュなど容量を沢山使うサイトでなければそれ程気にする事は無いと思います。

最初にどれくらい使うのか分からない場合は、一番少ない容量で契約して、必要に応じて容量を増やすように契約し直して行くと良いと思います。
なお逆パターンの大容量を減らす契約というのを受け付けていない会社もあるので注意が必要です。

CGIなどは使えるか

CGIは、掲示板やアクセスカウンタなどが一番分かりやすいのではないでしょうか?
 自分で作れなくても、よそから持って来る事が出来ないとかなり困ります。
 CGIはかなり便利なので、取り敢えず使わないと思っても後で必要になってくる場合が多いのです。
他にもネットショップではショッピングカートだとか各種の専用のソフト、その他を利用することになると思うので、その辺のチェックもお忘れなく。

共用のSSL

SSLというのは何かというと、ホームページから入力した内容が外部に漏れないよう暗号化してサーバに送るセキュリティー技術です。
ネットショップなのでメールフォームやカートなどで必要になります。

専用のSSLを使うと費用が高くつくので、共用のSSLが使えると助かります。

関連: SSLを使う

メールアドレス

ドメインを取ったらそのドメイン 例えば uhauha.com であれば、order@uhauha.com とか info@uhauha.com  と言うように自分のドメインのメールを好きに作れます。

しかし、レンタルサーバーの会社によってはメールに制限がある場合もありますので、メールの数がどれだけ作れるのか一応チェックしておいた方が良いと思います。

用途に分けてメールが複数あるとかなり便利なのです。 というよりむしろ複数使えないとかなり不便です。
 ですから、沢山メールを作ることが出来ればその方が良いですけれど、まあ10~20もあれば大丈夫ではないでしょうか。

転送量

あなたのサイトを訪問者が閲覧すると、その都度サーバーからデータが送られます。
 ですから訪問者が増えたり、写真や動画の様にファイルサイズが大きいほど、転送量は多くなります。
 ですがこれもまたネットショップを始めてもかなりアクセスが増えてこないと転送量が問題になってくる事は殆ど無いと思います。

どうしても気になるならば、自分のホームページの重さ*1日のアクセス数≦転送量の制限 であればまったく心配なしと言う事になります。  (しかし未だネットショップを持っていない人はわかりませんし、訪れた人が全てのページを閲覧するなんとことはほとんどありませんのでこれよりもずっと少なくなります。)

転送量は、ネットショップが順調に伸びてくると重要な問題になってきますので、その時にでも契約を見直すと良いでしょう。

サーバーの表示

レンタルサーバーの性能が良い方が良いのですけれど、そればかりではなく、バックボーンが大きい事が大事です。

そうでなければ時間が掛かって、ホームページがなかなか表示されないと言う事にもなりかねません。

表示が遅いとかなり致命的です。
もちろん、サーバー側だけでなく、ホームページ自体に問題があっても遅くなります。

それからサーバーがあまり頻繁に落ちる様では困ります。

落ちるとどうなるかというとあなたのホームページにアクセス出来なくなります。

初心者の方だと、訪れたアドレスでたまたまホームページが表示されなかっただけでそのホームページが無くなったと勘違いする人もいます

ネットショップなので、サーバーダウンしている間の売上と、下手をすると顧客も失う事になります。
サーバーのトラブルは、多少は仕方が無いのですが、直ぐに対応してくれるかどうかと言う事が重要になります。
またある程度の規模のネットショップになったら、リスクの対応を考える必要が出てきます。

サポート

何か問題があった時に直ぐに対応してくれること。

また、ベテランであれば問題ないのかも知れませんが、初心者で何かと分からない事を訊きたいのに、きちんと分かりやすく答えてくれないと言うのでは困ってしまいます。
 もちろん対応に時間が掛かっても困りますよね。

他にも色々なサービスを受けられる事がありますが、使えればそれに越した事はありません。

レンタルサーバーの会社

エックスサーバー
多くのネットショップに使われている会社で、本格的にネットショップを運営したい人にも充分満足できるレベルです。
一般に本格的なレンタルサーバーは価格もそれなりになってくるのですが、ここはコスト的にも優れています。
初心者にはピンとこないかもしれませんが、内容を考えるとかなり安い価格だと思います。

ロリポップ
とにかく安くネットショップを始めたいという人には、こちらがおススメです。
価格的には最安値クラスのレンタルサーバーです。
最低価格帯のレンタルサーバーでは、「内容的にちょっと」と言うところも多いのですが、ここはサポートもしっかりしており内容的にとても優れています。
初心者に非常に親切なレンタルサーバーです。

ただ ネットショップを始めて最初のうちは転送量的にもまず問題ないと思いますが、非常に大量の商品を扱う場合、画像なども相当になると思います。
場合によってはアクセスが少なくても転送量が厳しくなってくるかもしれません。

ネットショップではないのですが、わたしも幾つかのサイトでここを何年も利用しているのですが、1日に数千程度のPVなら全く問題を感じたこともありません。