ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> SSLを使う

SSLを使う

ネットショップでは、SSLが必須です。

「SSLとは?」とか「なぜSSLが必要なのか」と思っている人のためにカンタンにお話ししたいと思います。

SSLとは

SSLというのはSecure Socket Layerの略なのですが、簡単にいうと、ネット上での情報のやり取りを暗号化して行う技術です。

ではSSLが掛かっていないとどうなるのかと言うと、メールフォームなどで、連絡先だとかカード番号を送ったとします。

実は、ネット上でのこのような情報のやり取りは、分かりやすく例えるならば葉書を送るようなものなのです。

ネットでも、ある程度の知識のある人ならば、勝手にだれでもカンタンに情報をのぞき見たりすることが出来ます。
そのままでは、悪意ある人にクレジットカード情報をのぞき見られるとなどが起こりうるのです。

ですからホームページの中の決済を行うページだとか、個人情報を入力して貰うようなメールフォームなどのページでは、SSLにするのが必須です。

そして、ユーザーの立場から考えても、SSLになっていないネットショップでは恐ろしくて、カード決済を行えません。
まったく知らない人ならば別ですが、知っている人はSSLを確認してから情報を入力するはずです。

SSLのページ

では、そのページにSSLが掛かっているかどうかどうやって分かるのかと言うと、ブラウザのアドレスを見て下さい。

普通のページであればアドレスが、
http://www.~/  といった感じになっています。

ですがセキュリティーの掛かったページであれば、
https://www.~/  となっています。

さらにブラウザの一番下に鍵の掛かったイメージのアイコンが表示されているはずです。

セキュリティーの掛かったページアドレス

カギマーク

こんな感じです。

SSLを利用するには

ではそのSSLを自分のネットショップで利用するにはどうしたら良いのかと言うと、自分のネットショップ専用のSSLを使う方法と共用のSSLを使う方法があります。

専用のSSLを使えば、自分のドメインと同じアドレスで使えますが、費用が高くつきます。

ですから普通のネットショップであれば共用のSSLで充分だと思います。
当然アドレスは共用のものになりますが、決済ページなどなので全く問題はないと思います。

この共用のSSLはレンタルサーバーを借りているところで、無料や安価で用意されていると思います。

またレンタルショップやネットモールなどであれば、そちらで用意されているはずです。

関連: SSLサーバ証明書 日本ジオトラスト 公式サイト

関連: SSL証明書 ベリサイン

前 <<

製作トップ

>>  次

09/10/17更新 09/10/17追加