ネットショップの作り方

■ ホーム  >> 製作 >> ホームページを公開する3つの方法

ホームページを公開する3つの方法

専用のサーバーを用意すると言うとなんだかとても大変なことの様に思われるかもしれません。
でも、実は別になんということはありません。

たぶん一番分かりやすいのは、無料ホームページスペースを使う方法です。
個人の人が趣味などのホームページを公開しているのは、大体はこの無料サービスを利用している人が多いのではないでしょうか?

ここ数年で普及した無料のブログサービスも同じようなものです。

他の方法を含めて、普通は3つのホームページの公開方法が考えられます。

  1. 無料サービスを利用する
  2. 自分の契約しているプロバイダーのサービスを利用する
  3. ドメインを取ってホスティング会社を利用する

このように3つの方法がありますので順に解説して行きます。

無料ホームページサービス

ネットショップを始めようという人ではさすがにいないと思いますが、
無料と言うのは非常に有難い様に思われるので、ほとんどの初心者は無料のホームページスペースのサービスを利用します。
ですから念のため詳しくお話ししておきたいと思います。

まず、ネットショップを作るのに無料サービスを使うというのは論外です。 3つの中では最悪の選択です。

無料サービスの何が問題なのかというと、無料サービスを利用すると強制的にサービスを提供している会社の広告が表示されます。

単に個人的な趣味のサイトなどでは無料のもでも良いかもしれません。
ですが商用で使うには、あまりにも素人くささ丸出しで利用者からまともなネットショップとみなされないでしょう。

さらに無料のサービスでは、信用の問題以外にも多くの問題を抱えることになります。

無料のものは突然削除される、使えなくなる、規約が変る(急に指定の広告以外不可とか)等という事が現実によくあります。

当然サーバートラブル時のバックアップ体制や補償も期待できないでしょう。

プロバイダーのサービス

インターネットを利用している人は、当然どこかのプロバイダーと契約していると思います。
 この既に自分の契約しているプロバイダーで、自分のホームページスペースを持てる様になっている(追加料金なし&追加料金あり)と思います。

これは、無料ホームページサービスと違って広告は入りません。

けっこうお手軽に出来ますので、ネットショップですらプロバイダーのサービスを使っているショップも意外に見掛けます。

例えばネットショップを始めて、いろいろとやりたいことが出てくると様々な制約があることに気が付いて来ます。
「●●のシステムが使えない.」、「××が導入できない」といった感じです。

そして一番困るのは、無料サービスにも共通しているアドレスの問題です。

例えばプロバイダーを変えようと思ったりしても、ホームページのアドレスが変わってしまうので引っ越しが出来ないのです。

お引っ越し

わたしの場合もネットショップではありませんでしたが、最初の頃、プロバイダのオプションのサービスを使ってホームページを公開してしまいました。
ですがいくつかのホームページを公開した時点で、結局ドメインを取った方が圧倒的に良い事が判り、引越しました。
 ではなぜ引っ越しが出来ないのでしょうか?

実は引越しは、単にファイルを移し変えてリンク先を変更するだけなどというカンタンなことではありません。

例えば、知らないうちにリンクしてくれてるよそのホームページ。
グーグルなどの検索エンジンの検索の順位。
トップ頁以外をお気に入りにしてくれていた人など、
そのほとんどは引越しで引き継ぐ事は出来ません。

それまでの大切なリンクや訪問者のほぼすべてを失ってしまいます。
またアクセスゼロの最初からやり直しになるという事です。

この様にサイトが上手くいっていればいっているほどとてつもなく大変な影響があり引越しは困難になります。

わたしの場合も、その初期のホームページも引っ越し先の告知やリンクの張り替えなどしていますが、5年以上も前になるのに未だにアクセスがあるので残したままにしています。

またこちらが引っ越す気が無くても、プロバイダーの社名やサービスが変更になって、強制的にホームページのアドレスも変更されてしまうということもあります。
特にIT関係の会社は会社の吸収や合併、統廃合などは珍しいことではありません。

オリジナルドメインとホスティングサービス

ドメインを取れば、サーバーを引っ越してもアドレスが変わる事無く使えます。

例えば、ホームページのURLが http://uhauha.com だったとして、サーバーを借りている会社を変更したくなって引越したとしても同じ  http://uhauha.com のままです。
 ですから引越しも難しくありません。

またメールアドレスも、ドメインを取っていれば、自分のドメインで好きなメールアドレスを自分で幾らでも作れます。

もちろんネットショップとしても、オリジナルドメインの方が信用的にも良いと思います。

さらにCGIその他の技術的な制約もずっと少なくなって来ると思います。

そして検索エンジン対策上、オリジナルドメインは非常に有利です。

ですから、オリジナルドメインを取得して、有償のレンタルサーバーを借りるのが一番のおススメです。

ですが気になるのは費用だと思います。

一昔前であれば、けっこう高かったのですが、現在ではとても安いところも多く、下手をするとプロバイダのオプションサービスの方が高くつくなんてこともあり得ます。

ドメインやサーバーの費用やサービス内容にはかなり開きがあって、初心者には、いったいどこを使って良いのか分からないと思います。

そして難しいのは、価格とサービスが必ずしも一致しないところも多くて、高くてもあまり良くないところもあれば、逆に安いのに素晴らしいということもあったりするのです。

そこで次は、もうちょっと詳しくドメインとサーバーの選び方についてお話したいと思います。